ショッピング枠現金化業者とのトラブル事例をまとめました。

MENU

ショッピング枠現金化のトラブル・相談事例

 

普通にクレジットカードを使用する際には、何らかのトラブルに巻き込まれるということはほとんどありません。
しかし、ショッピング枠の現金化をする場合にはこれとはまったく事情が違ってきます。
簡単に言えば、現金化業者には悪質な会社も多く、そうした業者を利用してしまうとかなりの確率でトラブルに巻き込まれてしまうのです。

 

ここでは、そんな現金化のトラブルと、それに伴う相談の事例について紹介していきたいと思います。

 

日本クレジット協会が現金化を禁止する理由

 

ショッピング枠現金化について考える人形

 

トラブル① 現金が振り込まれなかった

現金化業者というのはその名の通り現金化を行うことを主たる業務としています。
そのため、利用者の側も多くの方が現金が振り込まれることに何の疑いも持たずに現金化の手続きを行ってしまいます。
しかし、悪質な業者は初めから現金を振り込むつもりはなく、換金率の高さや手数料の安さなどでエサを撒いて、不正な利益を得ようとしているのです。
この様なギャップが存在するために、こうしたトラブルが発生してしまうのです。
このトラブルにおいて、非があるのはもちろん振り込みを行わない業者の側です。
しかし実際には、明らかに怪しい兆候があるにもかかわらず、それを見逃して目先のお金に飛びついてしまう利用者が多いのも事実ですので、業者だけが悪いわけではありません。

 

トラブル② 個人情報が悪用された

業者を利用して現金化を行う際には、手続きの中で個人情報を提出しなければなりません。
この個人情報は、優良な業者であれば第三者に漏洩ないし横流しすることはありませんが、悪質業者の場合には全く事情が異なってきます。
悪質な現金化業者のほとんどは裏で反社会勢力とつながっており、顧客の個人情報はそうした勢力と共有されてしまうことになるのです。
そしてその結果として、カードが不正利用されたり、見に覚えのない請求を受けたり、DMが届いたりといったようなことが起こるのです。

 

トラブル③ ホームページの換金率が嘘だった

現金化業者のホームページには、必ず換金率が記載されています。
利用者としてはこの情報を判断材料として業者を選ぶわけですが、この数字は必ずしも正しいものとは限りません。
もちろん、本来は正しい数字でなければなりませんが、悪質な業者は嘘の換金率を記載して誘客に繋げているのです。
具体的にどれくらいの数字かと言うと、悪質な業者は大体90%以上の換金率を記載しています。
一般的な現金化業者では80%が換金率の平均ですから、換金率90%以上の業者を見つけたら、その数字は嘘だと疑った方が良いでしょう。

 

ショッピング枠現金化に関する相談の例

ショッピング枠現金化に関する相談を受け付けているところはいくつかありますが、ここでは国民生活センターに寄せられたものをいくつか紹介したいと思います。

 

相談①

ネットで見つけた貸金業者からクレジットカードで電化製品を購入して現金化する方法を教えられた。
指示された通りに商品を購入して買取業者に送ったが、その後に貸金業者と連絡が取れなくなって騙されたことに気が付いた。どのように対処すればいいのか。

 

相談②

緊急に出費が必要になったため、現金化をしているという業者にカード番号と有効期限を電話で伝えて2万円の入金を申し込んだ。
ところが、予定の期日を過ぎてもお金が入金されない。どうすればいいか。

 

相談③

換金率の高い業者を探して実際に現金化をしてみたら、ホームページに記載されている換金率と実際の換金率が30%近く違った。
騙されたと思ってキャンセルを依頼したら、法外な額のキャンセル料を要求され困っている。何か対処法はあるか。