カード会社から規約違反を指摘されない対策を行っている優良業者を利用しましょう。

MENU

クレジットカードの利用規約

クレジットカード利用規約違反に注意

 

クレジットカードを作る際に利用規約への同意が必須となります。
読まずに同意してしまった人も多いでしょうが、様々なことが規約に書かれているのです。

 

ショッピング枠現金化で注意しなければいけないのが、このカード会社の利用規約です。

 

カード会社の利用規約にはショッピング枠を現金化してはいけないと書かれています。

 

要するにショッピング枠の現金化を明確に禁止しているのです。

 

そうなるとショッピング枠の現金化は出来なくなってしまいますが、世の中には多数の業者が堂々と営業を行っています。
規約違反なのに指摘されない理由は何なのでしょうか?
違反を指摘された場合にどうなってしまうのか、様々な疑問について回答したいと思います。

 

規約違反を指摘された場合

クレジットカード利用停止で困る人

 

カード会社からショッピング枠現金化を指摘された場合、様々なデメリットが発生します。

 

1つはクレジットカードの利用制限で、数ヶ月間はカードが使えない状態にされてしまうでしょう。
さらに重たい制限になると、その会社のクレジットカードが2度と使えない利用禁止状態になる恐れもあります。
ちなみに利用停止の処分にされると、残っている支払いを一括返済するように求められます。
現金で困っている人にはつらい追い打ちになってしまうでしょう。

 

もう1つは金融機関でブラックリストへ登録されることです。
悪質だと判断されると金融機関にマイナスのデータが登録され、他のクレジットカードや消費者金融の利用が難しくなります。
クレジットカード会社から規約違反を指摘されると厄介なので、くれぐれも注意しましょう。

 

指摘されない方法

数々のデメリットが発生する規約違反は絶対に避けたいものです。
では、どうすれば規約違反を指摘されずにショッピング枠を現金化できるのでしょうか?

 

それは非常に簡単で、しっかりと営業している優良業者へ依頼すれば良いだけです。
要するに、カード会社から規約違反を指摘されないように配慮している業者を利用すれば良いのです。

 

キャッシュバックは大手企業や通販サイトでも普通に行われている手法です。
商品を購入してキャッシュバックを受け取るだけなら、カード会社から指摘を受けることは絶対に無いでしょう。

 

長年運営している業者であればしっかりと対応をしているので、どれだけ利用してもカード会社から指摘は受けません。
逆に不慣れな業者は悪徳業者はそうした配慮をしないためリスクが高まるのです。
ショッピング枠現金化の際には、優良業者を選ぶように心掛けてください。