キャッシュバック方式は値引きにあたり、キャッシュバックによるショッピング枠現金化は合法です。

MENU

キャッシュバック方式とは

キャッシュバック方式のポイント

 

ショッピング枠現金化を行う際に、キャッシュバック方式がよく利用されています。
簡単にいうと、業者が指定した商品を購入したら代金の○%をキャッシュバックするというものです。

例えば、10万円の商品を購入して9万円のキャッシュバックを受けられる、といった感じです。

 

そもそもショッピング枠現金化を、何となく漠然と違法性がありそうと思っている人は多いです。
しかし、実際の法律に照らし合わせて行くと何も問題ないことが分かるでしょう。
キャッシュバック方式は景品表示法などが関係して来ますが、それらの条件をすべてクリアしているのです。
違法性が一切ない安全なキャッシュバック方式についてまとめます。

 

景品表示法のルールを守っている

キャッシュバック方式は景品表示法のルールをしっかりと守っています。
合法であり何も問題は無いので覚えておきましょう。

 

さて、キャッシュバック方式は特定の商品を購入した際に現金を振り込むものです。
これには景品表示法が関係していて、一般懸賞や総付けなど様々なカテゴリが存在します。

 

一般的な景品に分類されるものは、商品価値の20%までと決まっています。
あるいは想定される売り上げの20%までと決められており、過剰な景品を商品にすることは出来ません。

 

しかし、そもそも現金のキャッシュバックは景品に分類されないのです。
消費者庁は公式サイトで、現金のキャッシュバックは値引きと考えらえるので景品表示法の規制対象にはならない、と明言しています。
景品表示法が関係していそうで、実はまったく無関係なのが実態です。
キャッシュバック方式は値引きと同じ、つまり合法であり安全だということになります。

 

キャッシュバック方式は合法

ショッピング枠現金化キャッシュバック方式を説明する人

 

景品表示法や古物営業法など様々な法律があり混同してしまうこともあるでしょう。
しかし、基本的にキャッシュバックによるショッピング枠現金化は合法であり、不必要に警戒する必要はありません。

 

違法性があると指摘するケースもありますが、これは業者側に問題がある場合がほとんどです。
購入した商品を発送しなかったり、現金ではなく景品に該当するギフト券を付与したりしているのです。
現金が振り込まれるキャッシュバック方式なら間違いなく問題ありません。

 

ショッピング枠の現金化を考えているなら、よほどの理由が無い限りキャッシュバック方式を利用するようにしましょう。
換金率によって利用する業者を変えるのも良いですが、何よりも優先するのは安全性です。
確実な現金化をするためにもキャッシュバック方式を意識するようにしてください。