ショッピング枠現金化業者の悪徳な手口にはくれぐれもご注意下さい。

MENU

悪質業者に騙されるケースも

 

悪徳業者に騙されて頭を抱える男性

 

ショッピング枠の現金化を行うためには現金化業者を利用しなければなりません。
ところが、この現金化業者は優良な会社ばかりではありません。
中には悪質な業者もいて、そうした業者に騙されてしまうととんでもない被害を被ってしまいます。
ここでは、そうした悪質業者が顧客を騙す手口と、それによって発生する被害について紹介していきたいと思います。

 

入金しない

悪質現金化業者による手口の中でも、特に被害が大きいのがこの方法です。
当然、優良業者であれば利用者の手続きが終われば現金が口座に振り込まれるわけですが、悪質業者の場合にはそうはいきません。
キャッシュバック方式を例に取って説明しますと、まず悪質業者は利用者に購入させたい商品を指定します。
そしてその次に、その商品を実際に購入したことを確認します。
ここまでは、優良業者と何ら変わりない対応が取られます。

 

違うのはここからで、悪質業者は優良業者と違ってキャッシュバック分の現金を利用者の口座に振り込みません。

 

そうして、入会手数料や振込手数料、商品送料などを騙し取るのです。
また、悪質業者の中には指定商品を扱っている店舗とグルになっているところもあり、そうしたケースでは指定店舗からのバックペイが発生することもあります。
そして最も重要なのは、この手口を使う悪質業者はあたかも振り込みを行うことが当然の様に振る舞っているということです。

 

それ故に、利用者も安心して手続きを進めてしまい気付いた時にはすでに騙されているのです。
以上が、この手口の概要です。

 

この手口の被害は何と言っても、商品の購入代金を丸々損してしまうことです。
そして既に述べた、入会手数料や振込手数料、商品送料なども騙し取られてしまいます。

 

細かな個人情報を聞き出す

現金化業者を利用する際には、免許証や保険証、マイナンバーやパスポートなどを提出して個人情報を伝える必要があります。
この点は優良な業者であれ悪質な業者であれ同じなのですが、悪質業者の場合には細かな個人情報まで聞き出そうとします。

 

一番分かりやすいのがクレジットカードのセキュリティコードで、悪質業者のほとんどはこの情報を知ろうとします。
何故セキュリティコードを聞き出そうとするのかと言えば、それはインターネット決済の際に必要になるからです。

 

つまり、悪質現金化業者はセキュリティーコードを始めとした細かな個人情報を聞き出して、クレジットカードの不正利用をしようと考えているのです。
これが優良業者であれば、セキュリティーコードを聞き出そうとすることは絶対にありません。
以上が、この手口の概要です。

 

この手口の被害は、クレジットカードが不正に利用されることです。
具体的に言えば、身に覚えのない決済が行われることになります。
また、悪質業者の中には個人情報を名簿業者などに流してしまう会社もあります。

 

そうしたケースでは、カードの利用者に多くのDMが届いたり、不正請求の電話が掛かってきたりということも起こります。

 

嘘の換金率で誘客する

現金化業者のホームページには、必ずその会社の還元率が記載されています。
当然、利用者の多くはこの還元率の数字を参考にして業者を選ぶわけですが、悪質業者のホームページには嘘の還元率が載せられていることが多々あります。

 

こうした業者は実際には還元率が低いにもかかわらず、それでは顧客を獲得できないため、虚偽の高い還元率を記載しているのです。
しかも、実際の還元率とホームページに記載されている還元率の差は30%以上離れていることもあるのです。

 

この手口に引っ掛かってしまうと、当然あらかじめ見込んでいた額の現金が振り込まれないということになります。
そして重要なのは、還元率が低いということは、それだけ手数料その他で業者側の利益が大きくなっているということです。

 

要するに、この手口の被害に遭うと利用者の側が損をしてしまうのです。